開発許可とは

都市計画法は、みんなが快適な街づくりを目指す法律です。
例えば、広い土地の造成工事を行って、そこに建物が出来ると、排水施設や道路なども必要になります。キチンと造成しておかないと、台風が上陸したときなどは、大惨事になる可能性もあります。今年も台風は多いかなぁ?
みんなが住みよい街にするためには、乱開発や無秩序な開発を防止することが必要になります。そこで、都市計画法は、乱開発や無秩序な開発行為につながるおそれがある行為を、「都道府県知事の許可制(地方自治法に基づく指定都市等にあっては、指定都市等の長)」としました。この許可のことを「開発許可」といいます。 
この分野の構成は以下の形になります。
1.  開発許可が必要かどうか
2.  開発許可の手続き関係
3.  開発許可をめぐる建築等の制限