建築基準法とは

建築基準法とは
建築基準法とは建築物に関する「最低の基準」を定めた法律です。
★建築基準法は、建築物の安全・衛生を図ることと、快適な街づくりを目指すことの2つを目的としています。
建築物の安全・衛生を図ることを、「単体規制」といいます。建築物の安全・衛生は1つ1つの建物の問題ですから、その建築物がクリアーすべき規制を「単体規制」というのです。建築物の安全・衛生は、日本中の全ての建物について要求されますので、単体規制は全国の全ての建物に適用されるのが原則です。建物が密集している地域であろうとなかろうと、適用になります。
一方、快適な街づくりを目指すことを目的とすることを、「集団規制」といいます。快適な街づくりは1つ1つの建物を規制しても始まりません。一定の地域や地区に存在する、建物全体で規制をクリアーするする必要がありますので「集団」規制と呼ばれています。
快適な街づくりである集団規制は、都市計画法の都市計画区域及び準都市計画区域に存在する建物にだけ、適用されるのが原則です。建物が密集している地域に適用して、地域全体として環境を改善していこうというものです。
建築基準法は、単体規制と集団規制の前に、建築基準法全体の話として総則というのを置いています。