家を取られたら、担保権があった場合

売買契約でトラブルがあった場合ですが、住みだしてから、借金の形に家をとられた場合はどうなるのでしょうか?
抵当権という権利を耳にされたことが、あると思います。これは、銀行などからお金を借りた時に、ローンが返せなかったら、家を売ってお金にしますという契約をして、銀行は家に抵当権という権利を設定します。この権利が行使されて、家を取られてしまった場面でのお話です。担保権ともいいます。
当然、抵当権がついていても、売るのは自由です。マンションなどを買い換えて売却代金をローン残金の返済に充てたりしますよね。
状況で考えますと先日の他人の物だったという場合に似てますね。あちらは元々他人の物で、こちらは、後で売主がパンクして、借金の方に取られてしまったわけです。つまり、後で他人の物になってしまったわけですね。

“家を取られたら、担保権があった場合” の続きを読む