中小企業定年引上げ等奨励金~高齢者の活用を考えたいときに

  • 定年年齢の見直しをしたい。
  • 定年後の再雇用制度を考えたい

 ○定年延長制度や、60歳からの継続雇用制度(一般的に嘱託等と言われる形)を導入して、高齢者を活用したい事業主様に支給されるのが中小企業定年引上げ等奨励金です。

 

 中小企業定年引上げ等奨励金

1 次のイからニのいずれにも該当する事業主に対して支給します。

イ 雇用保険の適用事業の事業主であり、中小企業事業主(被保険者の数が300人以下の事業主)であること。

ロ 実施日から起算して1年前の日から当該実施日までの期間に、高齢法第8条及び第9条を遵守している(※)こと。

60歳以上の定年を定めていること、及び、高年齢者雇用確保措置義務年齢(平成22年度からは64歳)以上の定年か継続雇用制度(希望者全員ではなく継続雇用対象者に係る基準を定めていてもよい。)を定めていることが就業規則等により確認できることをいいます。

ハ 事業主が、平成22年4月1日以降、就業規則等以下の措置をとること。
①65歳以上への定年の引上げ
②希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入
③65歳前に契約期間が切れない契約形態による希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度の導入(以下「希望者全員を対象とする65歳安定継続雇用制度」といいます。)
④定年の定めの廃止のいずれかを実施し、支給申請の前日までに6か月以上経過していること。

なお、当該措置は平成9年4月1日以降において就業規則等により定められていた旧定年年齢・旧継続雇用年齢を超えるものであること。

ニ 中小企業定年引上げ等奨励金の申請日の前日において、1年以上継続して雇用されている60歳以上の常用被保険者が、1人以上いること。(65歳に達した日以後に新たに雇用された方は、原則として被保険者とはなりません。)

 金額    
コースにより20万円から80万円) 

 

ご連絡をお待ちしております。

特定就職困難者雇用開発助成金~65歳以上、母子家庭の母などの方を新たに雇用

  • 新たに人の雇い入れを考えている
  • 65歳以上の方を受け入れる気持ちがある
  • 就職が難しい年齢ではあるが一生けん命働く人であればかまわない
  • 母子家庭の母(いわゆるシングルマザー)も対象 

ハローワーク等の紹介により、新たに65歳以上の高齢者やシングルマザー等を雇い入れた会社に支給されるのが特定就職困難者雇用開発助成金です。

 

高年齢者雇用開発特別奨励金

対象・・・母子家庭の母や65歳以上の高年齢者をハローワークを通じて、雇入れることが必要です。

  ( )は大企業 

1週間の所定労働時間    受給額  助成対象期間
  30時間以上   90万円
(50万円)
   1年
(1年) 
 20時間以上30時間未満  60万円
(30万円)

支給は半年づつに区切られており、半年の雇用後第1回申請、その後半年後に第2回申請となります。