在職老齢年金と厚生年金基金

在職老齢年金という制度があります。

 

60歳以降は働きながら年金をもらうわけですが、給与が高いと年金がストップしてくる形です。

 

すごく簡単にお話すると、

60歳から65歳未満は年金と給与の合計額が 28万円

65歳以上からは47万円を超えると、超えた分の半分の年金がストップします。

 

つまり、給与と年金で34万円であれば、年金が3万円ストップするわけですね。

 

ただ、厚生年金基金というものもあります。

これは、国の厚生年金のうち、一部を基金という団体で運用して年金額を増やすようなものです。

 

この場合、在職老齢年金のストップする額はいろいろです(正確に言うと、基金独自の給付の部分についてですが)。

 

在職老齢年金がかからない基金もあります。

基金は業界別にいっぱいあるので、基準が違うのですね。

 

だから、特に働いている場合、年金額は、1で調べて、2で確認、3、4がなくて5で再確認という形になります。

複雑ですなね・・。

在職老齢年金~年金と給与の調整

年金が調整される金額の計算は、複雑な式になりますが、大雑把に言うと、60歳~64歳の間は毎月の年金額と給料+ボーナスを足した1/12の金額が毎月28万円までであれば、年金は全額支給されます。

 

28万円を超える場合は、その超えた分の半分が毎月の年金額からカットされると考えて下さい。

 

例えば、年金と給与との合計額が30万円であれば、毎月年金額が1.0万円カットされます。

 

また、65歳以上の場合、合計額が47.0万円以上になります。

在職老齢年金~60歳以降の給与と年金

「60歳から働くと年金額はどうなるのか?」

 

今から年金を受け取る方全員の大きな関心ごとだと思います。

 

定年後も仕事を続ける場合、厚生年金の被保険者として、保険料の支払いは続きます。一方60歳を過ぎると、生年月日によって報酬比例部分の年金支給がスタートします。

 

つまり、厚生年金に加入しながら、老齢厚生年金を受け取るという状況になるのです。

 

その場合、その年金は在職老齢年金となり、給与と年金月額の合計額によって、年金が「一部支給停止」になります。

報酬と年金の両方では、手厚すぎるということで一定の調整を行うのです。

 

計算の元となる年金の基本月額は、本来もらえる老齢厚生年金から加給年金を除いた金額を「12分の1」にした金額です。つまり、年金の月額です。

 

給与については、毎月の標準報酬月額に、過去1年間の賞与の12分の1を加えた金額です。過去1年内のボーナスも入るところが注意点です。