中小企業定年引上げ等奨励金~高齢者の活用を考えたいときに

  • 定年年齢の見直しをしたい。
  • 定年後の再雇用制度を考えたい

 ○定年延長制度や、60歳からの継続雇用制度(一般的に嘱託等と言われる形)を導入して、高齢者を活用したい事業主様に支給されるのが中小企業定年引上げ等奨励金です。

 

 中小企業定年引上げ等奨励金

1 次のイからニのいずれにも該当する事業主に対して支給します。

イ 雇用保険の適用事業の事業主であり、中小企業事業主(被保険者の数が300人以下の事業主)であること。

ロ 実施日から起算して1年前の日から当該実施日までの期間に、高齢法第8条及び第9条を遵守している(※)こと。

60歳以上の定年を定めていること、及び、高年齢者雇用確保措置義務年齢(平成22年度からは64歳)以上の定年か継続雇用制度(希望者全員ではなく継続雇用対象者に係る基準を定めていてもよい。)を定めていることが就業規則等により確認できることをいいます。

ハ 事業主が、平成22年4月1日以降、就業規則等以下の措置をとること。
①65歳以上への定年の引上げ
②希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入
③65歳前に契約期間が切れない契約形態による希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度の導入(以下「希望者全員を対象とする65歳安定継続雇用制度」といいます。)
④定年の定めの廃止のいずれかを実施し、支給申請の前日までに6か月以上経過していること。

なお、当該措置は平成9年4月1日以降において就業規則等により定められていた旧定年年齢・旧継続雇用年齢を超えるものであること。

ニ 中小企業定年引上げ等奨励金の申請日の前日において、1年以上継続して雇用されている60歳以上の常用被保険者が、1人以上いること。(65歳に達した日以後に新たに雇用された方は、原則として被保険者とはなりません。)

 金額    
コースにより20万円から80万円) 

 

ご連絡をお待ちしております。

ドリームゲートでの、助成金記事 執筆

現在、起業支援ドリームゲートにて、助成金ナビ を連載中です。
Vol.1 起業してかかった経費を取り戻す!?
会社を退職して新規起業する人向けの『受給資格者創業支援助成金』について解説していきます。
Vol.2 45歳以上の起業には助成金がある
45歳以上の方3人が新規起業する人向けの『高年齢者等共同就業機会創出助成金』について解説していきます。
Vol.3 重要なポストに就く人物を雇えば助成金が出る!?
起業、異業進出に伴い、会社の中核となる人材を一人、およびそれに伴う一般労働者を一人雇い入れた時に対象になる『中小企業基盤人材確保助成金』について解説していきます。
Vol.4 雇用問題対策助成金の今。派遣社員を正社員にすれば、1人最大100万円支給
連日のように、マスコミを騒がせている非正規社員の解雇問題。それは、大企業だけの問題なのでしょうか。今から起業をする方も知っておいてほしい、マクロの視点や助成金があります。
Vol.5 パートタイマー均衡待遇推進助成金
起業をする時は、正社員ではなく、パートタイマーやアルバイトに頼っているのが現実です。パートタイマーやアルバイトを活用すると支給される、助成金を紹介します。
Vol.6試行雇用助成金(トライアル雇用助成金)
起業家にとって、即戦力になる人材を採用することは、事業の生命線となります。起業家と従業員双方にミスマッチのないように、試行雇用(トライアル雇用)助成金を紹介します。
Vol.7若年者等正規雇用化特別奨励金
現在、雇用は非常に厳しい動向にあり、特に年長のフリーターですと、正社員への道は限りなく厳しくなっています。そのため、「年長フリーター等の就労者」叉は「採用内定を取り消されて就職先が未決定の学生等」を正規雇用した中小企業に、1人100万円が支給される「若年者等正規雇用化特別奨励金」が創設されました。