厚生年金の保険料値上げ

なぜ世の中的にあまり騒がれないのかわかりませんが・・・、平成22年9月から厚生年金保険料が値上げになりました。

いくら上がったというと、月々 15.704%が16.058%です。

というかパーセンテージでだされても、わかるわけがない。

例えば30万円の月給の従業員がいるとすると、47,112円が48,174円になります。

会社と従業員は折半のため、片方は531円の負担UPになります。

たいしたことない?

実は今年の3月に健康保険料も値上げされました(東京の例)。

同じ30万円の給料だと 24,600円→27,960円のUP(40歳未満の場合)。

つまり、差額 3,360円→片方の負担が1,680円もあがってます。

今回の厚生年金と合わせると 毎月2,211円の負担UPですよ。

従業員30人の会社だと、毎月66,330円のUP。

年間だと 795,960円。

なんと 80万円近くの負担UP・・・。

従業員が数百人と考えると、一千万前後になってきますね。

少子高齢化の時代、福利厚生費が上がることはあっても、下がることはありません。

10年単位でみると恐ろしい数字になってきますね。

タバコの値上げは実施されますが、福利厚生費の値上げはシラーっと、進行中なのでした。