就業規則作成の順番

勿論、会社により違うわけですが、一般的に作成していく順番を記載いたします。

 

<就業規則の作成の流れ>

1、現在、実施している労働条件、職場規律などを箇条書に整理
 ↓
2、就業規則に記載すべき事項を選定
 ↓
3、労働条件、職場規律など内容の具体的な検討
 ↓
4、各事項を章別に分類し、条文化
 ↓
5、条文ごとの見出しの設定
 ↓
6、労働者代表者からの意見聴取
 ↓
7、労働代表者からの意見を踏まえての検討
 ↓
8、労働基準監督署長への届出
 ↓
9、労働者への周知・徹底

“就業規則作成の順番” の続きを読む

就業規則を作成する必要がある事業所とは

常時10人以上の労働者を使用する事業所は、一定の事項について、就業規則を作成し、これを遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。

これを変更した場合も同様です。

 

1.作成の事業所単位就業規則の作成・届出は、各事業場を単位としています。

したがって、例え同一企業内であっても、営業所が何箇所かある場合など事業場を異にする場合には、それぞれの事業場について、常時10人以上の労働者を使用する限り、当該事業場ごとに、それぞれ就業規則の作成・届出の義務を負うことになります。

 

逆にいうと、企業規模が常時10人以上であっても各事業場において常時10人未満である場合、就業規則を作成・届出する義務はありせん。

 

2.作成手続使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合、そのような組合がない場合には労働者の過半数を代表する者(過半数代表者)の意見を聴かなければなりません。

 

また、所轄労働基準監督署長への届出にあたっては、この意見を記した書面を添付しなければなりません。