就業規則~休職からの復帰

  • 休職からの復帰の基準、大丈夫ですか? 

 

○事業主さん、社員が休職を繰り返す悪循環にはまると大変です!!
仕事は滞るわ、社会保険料の負担は延々かかるわ・・・踏んだり蹴ったりですよ!

病気、怪我が回復して社員が職場に復帰!!
喜ばしいことです!!

 

でも、本当に通常の業務ができる状態まで回復していますか?

もしかして、社員が提出した「就労可能」という診断書を鵜呑みにしてませんよね?

病気、怪我での休職からの復帰の場合、勤務可能な状態まで回復したのか、判断に困ることもあるでしょう。

また・・・本人は就業規則に規定された休職期間が終了する前に、実際は回復していなくても(退職を免れるため)復職を図る可能性があります。

そして・・・結果として休職と復職を繰り返すという悪循環。

そのような場合に備えて、診断書を発行した医師に対して、面談での事情聴取を求める規定を入れておくべきです。
また、本人ではなく、会社指定の医師の診断を受けさせられるような規定も入れておくべきです。

そして、「休職期間が満了した場合は自然退職(当然退職)とする」と就業規則に必ず規定しましょう。

無用な解雇トラブルを回避できます。

労働トラブル対応就業規則について ご相談をお待ちしております。