東京都の電子定款認証、会社設立対応。会社設立は東京都各区 神奈川県・埼玉県・千葉県対応 行政書士事務所

東京都行政書士会社設立

東京都の電子定款認証や会社設立をサポート。会社設立から助成金・人の雇用もご相談。行政書士事務所が運営

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記
東京都行政書士会社設立 TOP > 新会社法とは > 会計参与
■起業・人事関係・社会労働保険・助成金・事業計画(融資関係)等のご相談■
お気軽に予約メール かお電話 03-5201-3605 にてご予約下さい!


会計参与

取締役や監査役といった会社の機関の一つとして、新たに「会計参与」という資格が作られます。税理士、会計士等の会計の専門家が会計参与になります。専任は株主総会で行います。

これは、結構大きい改正点です。会計参与を設置している会社の決算書は、会計の専門家が作成に関与しているという点で、信頼性が高いという評価に繋がります。つまり、信頼性が高くなり「融資」を受ける際にも、有利な評価になります。

この制度は、会社が自由に選択でき、会社の定款でその設置を定めることができます。

旧会社法
取締役→作成→決算書(粉飾の可能性が高い)→開示→株主・債権者
        ↑
      監査役の監査

取締役と会計参与→共同作成→決算書→開示→株主・債権者
          ↑
        監査役の監査

○社長へのアドバイス
会計参与をおくと、決算上での信頼性が増すため「融資」などを受けやすくなります。