経営と手持ち資金

さてさてどこへ行っても「不景気」という言葉を聞きますが、いくら不景気でも経費は出ていきます。
それでは、会社の手持ち資金はいくらくらい必要でしょうか?
いいかえれば会社として「いくらくらいの現金をもっていないと危険水域か?」というお話です。

“経営と手持ち資金” の続きを読む

やりたくないことと仕事

1、自社配信のメルマガが、発行から1年を超えました。
冒頭でお話したとおり、自社配信に切り替えてから1年で、この号が20号目になります。
よくがんばりました。褒めて下さい(笑
読者は、今400名を超えてきていますが、メルマガの内容や性格から考えて、読者が多ければいいというものではないと思っているので、一応の目安として2~2.5年で 1,000人を目指しています。
たったの1,000人?少ないな!と思うかもしれません。
でも、1,000人の方とコミュニケーション(メルマガという場において)を取れるコンサルタントって、そう多くはないですよね?
ミクシィに登録している方でマイミクさんが、1,000人いる方ってそう多くはないでしょ?
だから、まずは 1,000人の方と繋がりたいと思っています。
では「私もメルマガを出そうか?」と思われた方。
前向きでOKです。しかし、まず自分の棚卸をしてみて下さい。
2、自らの好きなこと、やりたいこと。
起業の本などをみていると、よく第1ステップで「自分の棚卸をしなさい」ということが書かれています。
いわく、「好きなことでないと仕事は続かないし勝負できない」ということですね。
これは、真実です。
ただ、逆もまた真なり。
3、自らの嫌いなこと、やりたくないこと。
逆というのは、自分の嫌いなことを洗い出してみて、それを商売(サービス)にしないためにどうすればいいかということです。
やりたくないためにどうするかを考えるのです。
言っている意味がピンときませんか?
例えば、私ですと「書面を作るのは嫌いなのです」
「文章」を書くことではないですよ(これは大好き)。
会社設立など単純な、決まっている書類を作ることが面白くないのです。
だから、単純な書類を作成する行政書士はやりたくなかったので、総合相談所的な「コンサルト」という方面の打ちだしをしてきました。
スタンスとして、起業という業務であれば、会社設立の書類を作ります!申請します!
ではなく、「起業のいろいろな相談に乗ります。でも書類も作れるから心配しなくていいよん。」みたいな感じです(笑
4、区切りも必要
ただ、勘違いしてはいけないのは、私は会社設立の書面作成等も何十社もやっているということ。
つまり、経験もバリバリしているので、お客さんにアドバイスができるということ。
「やりたくないこと→だけど経験はしておく→経験をつんで、その後の展開を考えていく(やりたくないからどうするか?) という流れです。
単純に嫌いだったら「やるな」と言っているわけではありません。
だから、書きだしてみましょう。
「自分のやりたくないことを。」
そして、そのためには「どう」していかなければならないのか?
例えば、頭を下げる営業はやりたくないですか?
そうしたら、どう展開していきましょうか?
答えは一つではありません。
考えの数ほどあります。
業務にも応用できますか?

無料メールマガジン 2週間でわかる国民金融公庫:融資のポイント!無料メールセミナー! 融資と経営のメルマガ配信中










起業する時に、もっとも心配なのは、

いうまでもなく「お金と経営」の問題




無料メールマガジンのご案内


○起業して資金はまわっていくのか?

○自分の給料はキチンと取れるのか?

○会社はつぶれないか?



起業してもっとも心配なのはお金の問題です。

そこで、一般的に起業時に一番お世話になると思われる、

日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)融資

のポイントを、全2週間の無料メールセミナーにまとめました。
(私は現在、起業支援ドリームゲートの金融公庫部門アドバイザーです)

「転ばぬ先の杖。融資(金融公庫)。の無料メールセミナー」は、

以下からご登録下さい(解除は、自由にできます)。

登録して頂くと、3日に一度全5回(約2週間) の「転ばぬ先の杖。起業に必要なお金(融資)」のメールセミナーが届きます。

また、その後、「融資や経営・起業関係のメールマガジン」が月1~2回程度届きます。 (解除は自由にできます)。
是非、無料メールセミナーをご活用下さい。











氏名 ※
姓:
名:
フリガナ ※

E-Mail ※











※個人情報に関して、以下の目的で使用致します。使用責任者は箕輪和秀が運営するサービスとなります。(解除は自由にできます)。
1. サービス提供。
2. 提供するサービスの維持向上を図るためのアンケート調査、及び分析。
3. 商品及びサービスの情報の、電子メール、電話、郵便等によるご案内。

当該個人情報は法律によって要求された場合、あるいは当事務所の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き 第三者に提供することはありません。