宅建試験の資格手当て

宅建試験の手当ては、地域や各不動産会社により違いますが、東京都ですと、高いところで5.0万円、低いとこころで5.000円くらいでしょうか。
勿論、「なし」というところもありますが、それでは、重要なポストにはつけなかったりするようです。
やっぱり、宅地建物取引主任者が、従業員5人に一人いなければいけない、契約業務(の中の書類説明など)を行えないという規制があり、企業にとっては「いなければ、仕事ができない」という点が大きいですね。
あまり、ないタイプの資格です。他は、資格をもっていてもいなくても出来るものが多いですから。似たようなタイプですと、旅行業主任者ですね。これも、旅行業界で必要です。このタイプの資格は、いわゆる「つぶしが利く」というものですので、やはり取得はお薦めします。

宅建試験取得を子供さんにも薦めて

知り合いの女性の方のお話です。ン才?には見えない、とても素敵な方なのですが、現在はある不動産会社で、取引主任者として契約担当事務などを行っております。
そして、大学生の息子さんが平成18年の宅建試験に合格したとのこと。
将来役に立つ可能性のある資格だから、在学中にでも取得しておけば」ということで、お薦めになられたとのことです。
いいパターンですよね。自分も現在のお仕事で役にたって、尚且つ子供さんにも薦めて、合格されたという・・。
これ、主婦の資格活用の方法としてかなりいい形ではないですか?