理事の任期

理事の任期は原則、選任後2年以内に終了する事業年度の内、最終のものに関する定時社員総会の時までになります。
ただし、定款や社員総会の決議にて短縮することも可能です。
任期の伸長は認められておらず、役職を継続する場合には、「再任」の登記が必要です。

理事会設置~一般社団法人の理事の業務執行・代表権限

理事会設置~一般社団法人の場合、業務執行権と代表権は以下のようになります。
理事会設置~一般社団法人の業務執行権
意思決定~理事会
遂行   ~代表理事・業務担当理事
理事会設置~一般社団法人の代表権限~理事の中から代表理事として選定された者のみ。

理事会非設置~一般社団法人の理事の業務執行・代表権限

理事会非設置~一般社団法人は、定款に別段の定めのある場合を除き、一般社団法人の業務執行権限があります。
理事が2人以上いる場合、定款に別段の定めのある場合を除き、理事の過半数をもって決定します。
代表権に関しては、業務執行権と異なり、各理事に帰属します。
2人以上いても同じです。
まとめ
業務執行権~1人は当然にあり。2人以上の場合、過半数をもって決定。
代表権   ~各自にあり。

理事の人数等

一般社団法人においては、理事を1名以上置く必要があります。
又、理事会を設置する場合には、理事を3名以上置く必要があります。
更に理事会を設置した場合には、必ず1名以上の代表理事を定めなければなりません。(尚、理事会を設置した場合には、監事も設置しなければなりません。)
税務上のメリットを享受できる非営利一般社団法人を目指す場合、理事が3名以上必要になりますのでご注意下さい。

理事の権限

理事の権限は以下のようになります。
1、業務執行権限
2、代表権限があります。
この権限は、理事会が設置されているかどうかによって大きく異なります。