平成20年 宅建試験過去問 問49 土地

【問49】 土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1 等高線の密度
地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
等高線。何か懐かしいですね。
等高線が密なところは、地形の傾斜が急なところですから、がけ崩れの恐れなどがあります。
よって ○
(参考過去問)
形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。(15-49-4) ○
2 扇状地
扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
同心円状とは、うずまき型の等高線です。
扇状地は、山地から平野部の出口付近で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しています。
よって、等高線は、山地から平野部への出口を頂点とする同心円状で表されます。 ○
3 等高線の向き
等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。
山頂に向かって、標高が高い方に弧を描いています。
本肢は説明が逆のため、×。
4 河川
等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
等高線の間隔が大きく、土地の傾斜が少ない河口付近では、河川が氾濫当然、段差がないわけですから、河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなります。よって ○

環境が良い所

環境が良い所は宅地に適しています。
これも、当たり前ですよね。環境が良く宅地に適しているのは、次のような土地です。
覚えなくてもいいすよ。常識で判断できます。逆にいうと、以下の反対に当てはまると、環境が悪いということです。
1. 空気がきれいな所(例、公害を出す工場がない所などです)
2. 騒音が少ない所
3. 日当たりが良い所(例、南に向ってゆるやかな傾斜をもっている所です)
4. 便利な所(例、商店街や駅から徒歩10分以内くらいの所)

がけ崩れのおそれがない所

がけ崩れのおそれがない所は宅地に適しています。これも当たり前ですよね。
安全だからです。逆にいうと、がけ崩れのおそれがある所は危険なので、宅地には適していません。がけ崩れのおそれがあり宅地に適していないのは、次のような土地です。
ア.崖錐堆積物(がいすいたいせきぶつ)におおわれた所
崖錐(岩から崩れ落ちた岩石)は、谷の出口付近で山に寄りかかるように、ゴロゴロと積もるので、岩のかけらが山に寄りかかるような形になります。形は、トンガリ帽子(円錐)を縦に半分に切ったような形(半円錐形の地形)になります。
なお、崖錐堆積物は、崩壊転落してきた岩片などですから、角張っていて、そのために一般的に「透水性が高い」ので、基盤との境付近が水の通り道となって、そこをすべり面とした地すべりが生じやすくなります。
もし、切土をしたら、崩壊や地すべりを起こしやすくなります。

“がけ崩れのおそれがない所” の続きを読む

水はけの良い所

イ.水はけの良い所
砂質・砂礫(されき)質の土地、段丘などです。
砂礫質→砂や小石がまじった所です。日本の国土は大体砂礫質です。
なお、周辺より高い所や水はけの良い所は、水害に強いだけでなく、地震に対する安全度も比較的高く、地盤は地耐力があるのが一般的です。

“水はけの良い所” の続きを読む

土地

土地
土地に関しての問題は、「どのような土地が宅地として適当」かということです。
以下の3つが、宅地として適当な土地です。これを、順番にお話していきます。
1. 水害に強い所
2. がけ崩れのおそれがない所
3. 環境が良い所
水害に強い所
水害に強い所は宅地に適しています。逆にいうと、水害に弱い所は危険なので、宅地に適していません。
これは、説明は要りませんよね。洪水が起こると困るからです。
水害に強く宅地に適しているのは、次のような土地です。
ア.周辺より高い土地
台地、丘陵地(きゅうりょうち)、天井川で今は廃川になっている所、自然堤防部分、段丘などです。ただし、自然堤防に囲まれた低地(後背低地ともいいます)は、よくない土地になります。地盤が軟弱で、じめじめした土地(低湿地)です。
○台地→低地にできた、小高い台状の土地のことです。千葉県の下総台地などがあります。
台地・丘陵地は、一般に洪水や地震に対する安全度が比較的高く、地盤も地耐力がある。(61-1-3)

土地

土地に関しての問題は、「どのような土地が宅地として適当」かということです。
以下の3つが、宅地として適当な土地です。これを、順番にお話していきます。
1. 水害に強い所
2. がけ崩れのおそれがない所
3. 環境が良い所
水害に強い所
水害に強い所は宅地に適しています。逆にいうと、水害に弱い所は危険なので、宅地に適していません。
これは、説明は要りませんよね。洪水が起こると困るからです。
水害に強く宅地に適しているのは、次のような土地です。
ア.周辺より高い土地
台地、丘陵地(きゅうりょうち)、天井川で今は廃川になっている所、自然堤防部分、段丘などです。ただし、自然堤防に囲まれた低地(後背低地ともいいます)は、よくない土地になります。地盤が軟弱で、じめじめした土地(低湿地)です。
○台地→低地にできた、小高い台状の土地のことです。千葉県の下総台地などがあります。

“土地” の続きを読む