宅建過去問 平成20年宅建問題 21問目について見解

今年の21問目の問題
【問 21】建築基準法(以下この間において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ただし、用途地域以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可は考慮しないものとする。
1 店舗の用途に供する建築物で当該用途に供する部分の床面積の合計が20,000㎡であるものは、準工業地域においては建築することができるが、工業地域においては建築することができない。
2 第一種住居地域において、カラオケボツクスで当該用途に供する部分の床面積の合計が500㎡であるものは建築することができる。
3 建築物が第一種中高層住居専用地域と第二種住居地域にわたる場合で、当該建築物の敷地の過半が第二種住居地域内に存するときは、当該建築物に対して法第56条第1項第3号の規定による北側高さ制限は適用されない。
4 第一種中高層住居専用地域において、火葬場を新築しようとする場合には、都市計画により敷地の位置が決定されていれば新築することができる。
2と3は明確に×なので、まあいいとして。各受験機関において、1か4かでわかれているようですね。1と4が両方正解になる可能性もありますが、法律の問題として答えるならば「1」です。
なぜか?1は完璧に○だから。こちらの表の下から2段目
床面積の合計が10,000㎡を超える店舗、飲食店、映画館、 遊技場等は
工業地域→× 準工業地域→○です。
これ、法律は10,000㎡を超えるなのですが、あえて問題を「20,000㎡」にしてますね。ですから出題者は、「あえて1番を正しい肢」として、4番で悩ます形にしたと考えられます。ちなみに4番は、火葬場という、よくわからん例えなので△ではありますが。
1番の肢に「20,000㎡と明確に○にした」出題者の親心や愛?が感じられるのは私だけでしょうか?だって、10,000㎡を超えるですから、倍の20,000㎡までにしなくても、10,000㎡「以上」というような、さらに悩む肢にしてもいいわけです。そうすると、受験生は「超える」だったっけ?「以上」だったっけ?と悩みますよね。
あえて、そこまではやってなくて、明確に○とわかるラインにしてあるということです。
これが宅建のいやらしいところですな。しかし、これが法律的に考えさせるという問題でもあります。この問題は嫌いではない。

宅建合格書籍が9月末発売になります!

ようやく・・・。宅建テキストの書籍が発売になります。随分遅れてしまい。申し訳ございません。その分、内容はかなり詰め込みました。

書籍名 「最短クリア 宅建合格一直線
 超搬出30+搬出55の重要テーマの効率学習で誰でも合格できる! 」

実務教育出版 予価1,500円

印刷が終わり、現在配本日(発売日みたいなもので、書店に並び始める時期)の確認などをしております。
9月末(25日前後) から~10月の本当の頭には、日本全国津々浦々の本屋に並ぶかと思います。(そこまでは、在庫が・・・。
しかし大手書店系はまず大丈夫かと。勿論ネット書籍のアマゾンも)

また詳細はご報告させていただきますが、色々な意味で、支えて頂いた皆さんには、本当に感謝しかありません!
一人でも多くの方が合格されることを祈ります!

平成19年度以降の宅建試験メルマガ等教材の発行につきまして

平成19年度以降の宅建試験メルマガ等教材の発行につきまして
平成19年秋口に宅建書籍を発売致しました。「最短クリア 宅建合格一直線
今まで出していたメルマガと、本サイトの重要ポイントをまとめたものです。是非お手にとってご覧下さい。また、書籍の内容とメルマガの内容が、重複するのはあまりよろしくない。という出版社側のご意向もございまして、平成19年度以降のメルマガにかんしましては、休刊とさせて頂いておりますのでご了承下さい。
皆様の合格を願っております。

こんな宅建参考書が欲しかった!最短クリア宅建合格一直線

好評発売中!

宅建参考書最短クリア 宅建合格一直線

(実務教育出版 1500円)発売中。

 

「大変読みやすくまとまっている!」とのお声を頂いております。

 


参考書 最短クリア宅建合格一直線
 全体を、最重要ポイント30と、
重要ポイント55の85テーマ
にわけて、それぞれ見開きで解説し、大変見やすい構成にしてあります。

 

まず、テーマごとに絞った項目の概要の解説+ポイントの解説+過去問数問を一肢ずつの解説という形で、項目ごとにわかりやすくまとめています。

 

これ一冊に、合格に必要な知識は全て入れてあります。そして!付録として巻末に重要ポイントのまとめ集も掲載!!

 

是非みなさんが、この本を活用して頂いて、今年の宅建試験に合格して頂くことを願ってやみません。