最近の社会保険労務士の開業と勤務

平成25年10月現在 東京都の社労士の人数は概ね開業5,000人、勤務7,000人超くらいになるかと思います。
開業は読んで字のごとしですが、勤務というのは社労士事務所に勤務というより、一般企業の総務・人事又は経理関係にお勤めのことが多いようです。
完全に開業よりも勤務が上回ってきておりますね。
東京都だけの現象かもしれませんが(会社の絶対数が違うので)、相対的に資格をとって独立というよりは、キャリアアップにという方が(社労士に関しては)増えているのかなと思います。
でも、それでいいと思いますが。
今から一から開業してといのは相当な困難が伴います。
社労士全体の人数が増えて知名度があがり、底上げになっていけばそれはそれで望ましいことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です