就業規則の相対的記載事項

就業規則の相対的必要記載事項とは、定めがあれば記載する必要のあるものです。

逆にいうと、定めがなければ記載する必要はありません。

(1) 退職手当の適用される従業員の範囲、退職手当の決定、計算及び支払いの方法並びに退職手当の支払いの時期に関する事項

 

(2)ボーナスなど臨時の賃金等(退職手当を除く)及び最低賃金に関する事項

 

(3)従業員の食費、作業用品その他の負担に関する事項

 

(4)安全衛生に関する事項

 

(5)職業訓練に関する事項

 

(6)災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項

 

(7)表彰及び制裁の種類及び程度に関する事項

 

(8)前各号のほか、当該事業場の従業員のすべてに適用される事項