就業規則の従業員への周知義務

使用者は、就業規則を、常時各作業場の見やすい場所に掲示し、または備え付け、書面交付、磁気テープ等に記録し、記録内容を常時確認できる機器の設置等の方法によって、労働者に周知させなけらばなりません。

つまり、書面にするか、PDFファイルなどにして、労働者の見えるところに設置しろということです。

 

これが、結構大事です。周知を徹底していないと、従業員は知らないということになるので、訴えられた時などには負ける可能性が高くなります。