就業規則の目的とは

経営とは?

 

この質問の答えは人それぞれだと思いますが、経営は、多数の従業員を雇用し、みんなを「会社に利益を出す」という方向に向かせて、一定のルールのもとに就業させることによって成り立ちます。

 

そのため、従業員に会社としてのルールを理解させ、職場の決まりを明確にして、守るべきルールやその違反に対する制度を設ける必要があるのです。

スポーツと同じです。

 

また、賃金や労働時間など労働条件についても、これを統一的に定めておく必要があります。

ルールがなければ同じ方向を向くことはできません。

 

そのため就業規則を作成する必要がでてきます。

労働条件というルールを明確にすることによって、労働者にとっては安心して仕事に励むことができるメリットがあり、事業主にとってはルールを明確に設定できるというメリットがあります。

 

このように就業規則は、経営者側と従業員側双方に有益な機能を持っており、会社の効率的な運営に役立つとともに、無用なトラブルを未然に防止する役割も果たします

 

就業規則は、従業員服務規程などの、諸規則の総称のことです。