高齢者継続雇用の種類(継続か再雇用か)

60歳以上の高齢者をその後も雇用するときのお話ですが、正確に言うと2つの種類があります。

1、再雇用制度・・・定年年齢で一旦退職 → その後新たに雇用契約(60歳前とは違う労働条件)
2、勤務延長制度・・・今までの雇用契約を終了させることなく雇用を継続(60歳前とは違う労働条件でも問題なし)

の2つになります。

但し、退職金について会社との雇用関係が続いている状態で支払われる退職金は、税制上恩恵が大きい「退職所得」ではなく「一時所得」となる可能性が高いので(※退職金規定の内容等により見解もわかれるようですが)、通常1番の再雇用制度にした方が無難です。

逆にいうと、この場合、中退共などの退職金積み立ては60歳までとなります。

 

通常、世の中で60歳以上の雇用の場合、1番を指します。60歳で定年して、違う条件で翌日以降に再雇用をするという形ですね。

 

2番に関しては、昔定年が55歳とか60歳だったので、そのまま勤務を延長するという意味で作られた規定で、現在定年年齢にしても継続雇用にしても、64歳まで雇うようにしてくれという規定になっていますので、2番を選択する意味はあまりないかと思います。