高齢者の雇用~定年の引上げと継続雇用制度の違い

  • 定年の引上げと継続雇用制度の違いはご存知ですか?
  • 定年後は「継続雇用制度」で削減!! 

【改正された高年齢雇用安定法による高齢者雇用のための義務】

以下の3つの内、どれかの制度を導入する必要があります。

①定年の引上げ
②継続雇用制度の導入(労使協定により基準を定めた場合は、希望者全員を対象としない制度も可)
③定年の定めの廃止

※平成22年現在は「64歳まで」の定年引き上げか継続雇用制度の導入が義務づけられています。
平成25年からは「65歳まで」が義務となります。

①か②を採用されている会社が多いと思いますが、定年の引上げと継続雇用制度では労務コスト面で大きな違いがあります。

①延長雇用で給与がダウンした場合は、社会保険の資格はそのままで、保険料は4か月後から下がります。

②継続雇用制度で給与がダウンした場合は、一旦退職し翌日から再雇用となりますので、給与が下がった月から保険料も下がります。

これは大きな違いですね。

本人の在職老齢年金の停止額にも影響します。

制度の整備をされる際には、ご一考ください。