60歳以降の継続雇用の課題(モチベーション等)

1、60歳以上の方の継続雇用を行う場合、どうしても会社全体の人件費向上の問題があります。

かといって、あまり低賃金にする場合、会社イメージの低下や従業員のモチベーション低下になります。

2、60歳以上の従業員の貢献度&モチベーションの継続

3、若い世代が上の世代に関して閉塞感等を感じる→モチベーションの低下

 

結局、60歳以上の従業員に対して、今までの貢献度を考慮し年金等(給与が高いと年金が減らされるため)を考えて最適な給与設計をしていく必要があります。