在職老齢年金と厚生年金基金

在職老齢年金という制度があります。

 

60歳以降は働きながら年金をもらうわけですが、給与が高いと年金がストップしてくる形です。

 

すごく簡単にお話すると、

60歳から65歳未満は年金と給与の合計額が 28万円

65歳以上からは47万円を超えると、超えた分の半分の年金がストップします。

 

つまり、給与と年金で34万円であれば、年金が3万円ストップするわけですね。

 

ただ、厚生年金基金というものもあります。

これは、国の厚生年金のうち、一部を基金という団体で運用して年金額を増やすようなものです。

 

この場合、在職老齢年金のストップする額はいろいろです(正確に言うと、基金独自の給付の部分についてですが)。

 

在職老齢年金がかからない基金もあります。

基金は業界別にいっぱいあるので、基準が違うのですね。

 

だから、特に働いている場合、年金額は、1で調べて、2で確認、3、4がなくて5で再確認という形になります。

複雑ですなね・・。