就業規則~試用期間

  • 試用期間の規定はありますか?
  • その規定、簡単過ぎるとトラブルの元です。 

 

よく試用期間と言われるものがあります。

試用期間というのは、入社後本採用するまでに、仕事の能力や勤務態度、会社への適応性などを見極めるために設けられた制度です。

 

現実問題として、本人の性格など、面接や応募書類だけでは見抜けない場合が多くあります。
ミスマッチを避けるためにも、試用期間の規定は必ず設けておきましょう。

  
ちなみに、試用期間の長さは「3か月」程度が一般的です。

しかし、14日~1年の範囲で規定されていれば、とくに問題はありません。

また、試用期間中に判断できない場合などに備えて、試用期間の延長の規定は設けておくようにしましょう。

 
逆に、すぐに正社員になってもらいたいといった場合、試用期間を設けない、あるいは短縮できるという規定も必要ですね。

試用期間は、「解約権留保付契約」と解されています。
通常の解雇より広い範囲で解雇の自由がありますが、本採用しない場合(解雇)の代表的な事項に関しては規定しておきましょう。

単純に、君のことが気に入らない。では駄目ですよ。

試用期間中の者であっても、採用後14日を超えた場合、解雇予告・解雇予告手当が必要となりますので注意が必要です。

 

なお、試用期間であっても最初から雇用保険、社会保険に加入させる義務がありますので、忘れずに!!