休職が増えていますね。期間はどうでしょうか?

お手持ちの就業規則があれば、休職期間の規定を確認してみましょう。

その休職期間はどのくらいでしょう?

 1年?

 1年6か月??

 2年???

なんとですが、休職でお休みしている間「社会保険料は免除」にはなりません!

つまり、休職期間中は本人はもちろん、会社も社会保険料を払い続けなくてはならないのです・・・。


長くなるといくらの負担ですかね・・・。

「そうはいってもね~。長年会社のために頑張ってくれたし、何とか復帰してもらいたいんだよね。」

という場合もありますよね?
それは、わかります。理解できます。

しかし・・・です。

例えば、入社して半年くらいで、直ぐに休職というケースも起こりえます。

有給もない段階ですね。


その場合どうしますか?

クビにする?

法律的にはクビは無理ですよ。

だから、勤続年数で休職期間をわけてはどうでしょうか?

また、勤続期間が1年未満の場合、休職1か月程度の規定にするのが妥当ではないでしょうか?

何?2週間では駄目かって?

休職期間満了後は、自然退職という規定を設けることが多いことから、休職を解雇までの猶予期間と考えた場合、少なくとも1か月間は必要です。

解雇は一カ月前の通知というのを聞いたことはありますよね。

つまり、1か月間は、休職期間をとっておかないとトラブルになる可能性が高くなります。

このあたりが、法律上の兼ね合わせの問題になります。

勤続年数が長い社員に対しても、最長で6か月程度ですね。

会社が復帰してほしいなら、延長規定を設けて対応しましょう。

最近は「うつ病」で休職になるといったケースが多いのですが、かなり長引くケースが多いようです。

また、何度も休職を繰り返す社員に対応するために、復帰後一定期間内に、同じまたは類似の事由により欠勤した場合は休職を命じ、休職期間は通算することなどの明記が必要です。

このご時世、特にメンタルヘルスによる休職が増えてきています。必ず実現場で対応できる規定にしておきましょう。