短時間労働者均衡待遇推進等助成金~パートタイマーの活用に

  • パートタイマーも、正社員のような戦力として働いてもらいたいと思っている
  • パートタイマーのやる気を引き出していきたい
  • パートタイマーの人数が増えてきているが何のルールもできてない

 

正社員だけで会社を維持できるでしょうか?
パートタイマーも、ただの時間給ではなく、戦力の一員にする必要があります。

 

パートタイマーのキチンとした賃金規定や、パートタイマーから正社員への転換制度の導入など、パートタイマーのやる気を引き出す努力をする会社にもらえる助成金が、パートタイマー助成金(短時間労働者均衡待遇推進等助成金)です。

 

○パートタイマーに対する人事規定などを新たな制度として取り入れ、該当者が出たときに、下記の額が一度限り2回に分けて支給されます。

( )は大企業

内 容 第1回目 第2回目 合計
①正社員と共通の評価・資格制度の導入 25万円 35万円
(25万円)
60万円
(50万円)
②パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度の導入 15万円 25万円
(15万円)
40万円
(30万円)
③正社員への転換制度の導入 15万円 25万円
(15万円)
40万円
(30万円)
④教育訓練制度の導入 15万円 25万円
(15万円)
40万円
(30万円)
⑤健康診断制度の導入 15万円 25万円
(15万円)
40万円
(30万円)

○助成金受給の条件
正社員と共通の評価・資格制度の導入

パートタイマーの仕事や能力に応じた待遇について、正社員と共通の評価・資格制度を設けた上で、実際に格付けされたパートタイマーが1名以上出た場合

パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度の導入

パートタイマーの仕事や能力に応じた評価・資格制度を設けた上で、実際に格付けされたパートタイマーが1名以上出た場合
※「1、正社員と共通の評価・資格制度の導入」と「2、パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度の導入」はいずれか一方の支給となります

正社員への転換制度の導入

パートタイマーから正社員への転換のための試験制度等を設けた上で、実際に転換者が1名以上出た場合
※ただし、同一の理由により中小企業雇用安定化奨励金の支給を受けた場合は、本助成金は受給できません

教育訓練制度の導入

正社員との均衡を考慮した教育訓練制度を設けた上で、延べ30名以上のパートタイマーに実施した場合

健康診断制度の導入

パートタイマーの健康診断(雇入時健康診断、定期健康診断、人間ドック、生活習慣病予防検診のうちいずれか一つ以上)の制度を設けた上で、その受診者が延べ4名以上出た場合

ご連絡をお待ちしております。