« 2009年06月 | メイン

2010年07月02日

テスト

<$mt:Include module="ヘッダー"$><$mt:Include module="グローバルナビゲーション"$>
無料メールマガジン登録
<$mt:Include module="お知らせ"$> <$mt:Include module="サイドナビゲーション"$>
03-5201-3605

中小企業の経営者、総務・経理担当者様へ

メンタルヘルス対策により、会社を元気にするためのご相談・ご提案

今、心の病気がはやっています。

  • 長時間労働によるストレス。
  • 自分や会社の将来性に関して不安がある。
  • 複雑な人間関係に疲れる。

自分の行う行為が結果に結びつかないと、社員には大きなストレスになります。

ちなみに、メンタルヘルス不全になりやすい職種の上位は以下の2つです。

  1. 管理的な仕事(中間管理職)
  2. 専門的・技術的な仕事

メンタルヘルス不全が悪化すると、うつ病や最悪の場合自殺することもありえます。
この場合、残された家族のダメージはいかほどのものでしょうか?

また、心の病気になると企業にとってのリスクもはかりしれません。

  1. 仕事の能率の低下とミスの増加
  2. 数か月単位の休職
  3. 何かあれば損害賠償の支払い

これらは、企業の社会的信用の低下をまねきます。

メンタルヘルスの代表的な有効対策は、以下のようになります。

  1. 環境を整備し、環境からくるストレスを減らすこと。
  2. 個人のストレス耐性をあげること。
  3. モチベーションの保てる企業文化を作ること。

これらの対策により、現場の仕事が明確化し、社員のモチベーションアップにつながります。そして、成果・効果が出る組織になり、仕事とプライベートの充実がはかれます。

メンタルヘルス対策により、企業の競争力アップと、社員の意識向上による活用をはかり、優秀な人材の確保と業績アップへのご相談・ご提案を致します。

メールによる予約
  • まったくわかりませんでした。
  • うつ病で長期間休職している社員がいましたが、研修を受けるまで原因がわかりませんでした。社員の固まっている部分をほぐしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
    中央区B社様
<$mt:Include module="フッター"$>