前後の比較をしてみる

社長と、広告について話す機会も多くあります。
主な内容は今後どうやって、広告展開や集客をしていくかですね。


ところで、TVとかを見ていると、よく出てくる言葉がありますね。
「東京ドーム何個分の広さ」
普通、東京ドームの広さってわかりませんよね。
正確には、約4.7ヘクタール(47,000m2、約14250坪)です。
しかし、こんな正確な数字はどうでもよく、要は「広そうだ!」と思わせることが大事。
他に大きさの比較で多いのは、名刺入れやタバコの箱を並べての比較(世界最軽量!とか)。
これは、名刺やタバコの大きさが感覚でわかるからです。
このように、自社の商品やサービスを他のものと「比較広告」して、わかりやすく示してみることも考えてみましょう。
と言っても難しいものではありません。
よく目にしませんか・・・?
そう、ダイエットの広告や、ニキビがなおった!などの広告です。
写真を左右に並べて「前後」の表示をするだけ。
これ、結構、効果てき面ですよね(笑。
写真等で前後をあらわしてみる。
お客様の声を頂いて、前後で効果を比較してみる。
例えば、HP作成業者だったら、HP作成後こんなに反響が
ありました!と掲載してみるなどいろいろな方法があります。
大事なことは、お客様が商品・サービスを購入する(受ける)ことにより「どうなるのか?どう変わるのか?」
を、前後を比較して明確に伝えることです。