一般社団法人と課税の概論

一般社団法人は、原則課税されるものと、原則として非課税のものとに分かれます。
例えば、定款の内容や内部組織の規制等、一定の要件を満たすことで「非営利型の一般社団法人」となることができます。
この、「非営利型の一般社団法人」と認定されることで、収益事業以外の収入(会費収入等)に関しては、公益認定を受けなくても原則非課税となりますし、財産を寄付した場合の譲渡所得等の非課税の特例の対象となります。