公益認定とは? 公益社団・財団法人

今回の公益法人制度改革では、現在の公益法人の許可制度では一体となっている、法人の設立と公益性の認定を分離しました。
登記のみで設立できる一般社団・財団法人の制度を創設し、さらに、公益目的事業を行う一般社団・財団法人は公益認定を受けることができることとし、公益認定を受けた一般社団・財団法人を公益社団・財団法人と呼ぶこととしました。
登記→認定の2段階になった形です。
まとめ
○登記のみで設立できる→一般社団・財団法人
○公益目的事業を行う一般社団・財団法人は公益認定を受けることができることとし、公益認定を受けた一般社団・財団法人を公益社団・財団法人と呼ぶ
公益認定を受けると
○「公益社団法人」「公益財団法人」という名称を独占的に使用できる
○公益法人並びに、これに対する寄付を行う個人及び法人に関する、税制上の措置を受けられる