新しくなった新公益法人制度とは?

平成20年12月、実に約100年ぶりに公益法人制度の抜本的な見直しが行われ、新公益法人制度がスタートしました。
公益法人は、今まで 公益性・非営利性 ゆえに、税務上の優遇措置や社会的信用を得ていました。
しかし、現実問題として、本来の目的を逸脱した営利追求型の公益法人や、休眠法人の存在が問題となり、更には天下り問題や、様々な不祥事を契機として、公益法人制度が見直されましたのです。
公益法人制度の見直しにより、平成20年12月1日から一般社団法人及び一般財団法人の制度が、いわば営利を目的としない、法人制度の基本計になっていくと思います。