一般社団法人の設立と社員の人数

最初の社員(株式会社の株主と同じ考え)、は 2名以上で設立可能になります。
この点は注意事項です。
もし、設立後に社員が1人だけになっても、その一般社団法人は解散しませんが、社員が欠けた場合(0人となった場合)には解散することになります。
ちなみに、一般社団法人の社員には法人(例:株式会社)もなることができます。