一般社団法人の社員とは

一般社団法人における「社員」とは、いわゆる会社における「従業員」としての意味ではなく、社員総会にて議案を提出したり、議決に参加したりすることのできる者を指します。
議決権のある会員と言えばいいでしょうか。株主に近い感覚です。
一般社団法人設立時に必要な社員数は2名であり、法人でも社員になることが可能です。
つまり、一般社団法人設立時の社員数は2名以上必要になります。