一般社団法人の機関組み合わせパターン表

一般社団法人の機関とは、株式会社の取締役や監査役の組み合わせを指します。
まず、一般社団法人においての必須機関は、社員総会及び理事になります。
また、定款の定めによって、理事会・監事・会計監査人の設置も可能(任意)です。
法人の規模や実態に合わせた、柔軟な機関設計ができることも、今回の新公益法人制度の大きな特徴です。
一般社団法人の機関のパターンは以下のようになります。
1.社員総会+理事
2.社員総会+理事+監事
3.社員総会+理事+監事+会計監査人
4.社員総会+理事+理事会+監事
5.社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人
一般社団法人は定款の定め方によって上記5パターンの機関設計が考えられますが、小規模な一般社団法人の設立ですと、1か2になるでしょう。
尚、公益認定される、公益社団法人を目指す場合には、理事会の設置が必須ですので、3~5いずれかの機関設計になります。