一般社団法人に必要な機関とは

一般社団法人で、必ず置かなければならない必須の機関は、
社員」を2人置き、後は「社員総会」「理事」のみです。
理事会や監事、会計監査人の設置は任意です。
これまでの社団法人と違い、設立登記のみで成立する一般社団法人については、その運営や母体に対する行政庁の監督がありませんので、自主的で身軽な運営が可能になります。