宅建過去問 平成19年 49問目 不動産と土地・建物

ポイント~地盤が弱ければ宅地には向かないんだよ。
地盤の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1 谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、宅地に適している。
○谷底平野(たにぞこへいや)とは
河川の堆積作用によって形成される沖積平野(ちゅうせきへいや)のうち、山間部の谷底に形成されるものを指します。山間部において、河川の運搬する土砂が多く、侵食作用より堆積作用の方が上回るときに、谷底に幅が狭く細長い谷が発達していくものです。
土砂の堆積によるものと理解すればOKです。粘土質で柔らかい場合が多く、一般的には建物の土地としては不向きです。よって ×
2 後背湿地は、自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり、水田に利用されることが多く、宅地としての利用は少ない。
後背湿地とは、自然堤防や砂州などの微高地の背後にある低地のことです。 洪水などで溢れた氾濫水が河川へ排水されず、長期間滞水してできた非常に軟弱な湿地になるため、水田などの利用が多くなります。よって、○
参考過去問
丘陵地や台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。(9-50-1) ○
3 三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤であり、地震時の液状化現象の発生に注意が必要である。
液状化現象→地震のゆれにより、地下水に砂が混じり地表に湧き出してくることをいいます。液状化現象は、砂の粒の大きさが揃っている地盤で、かつ地下水位の高い(浅い)地域で発生します。よって ○
参考過去問
丘陵地帯で地下水位が深く、固結した砂質土で形成された地盤の場合、地震時は液状化する可能性が高い。(14-49-4)×
4 旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生しやすい。
旧河道とは
昔の河の後です。川底だった所ですから周辺より低く、軟弱地盤・水はけが悪い等の特長を有しているので、宅地として選定するには注意を要します。
旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなることが多くなり、軟弱地盤となるので、地盤の支持力が小さくなります。そのため、宅地には不適当であることが多くなります。 よって ○
参考過去問
旧河道でそれを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるときは、軟弱地盤である可能性が高い。(14-49-1) ○