自社の強み・弱みの分析・研究をする

自社の経営資源を分析して、強み弱みをあきらかにし、強みはさらに強化し、弱みは補完するように検討します。


ただし、考え方としては弱みを補完するよりも、強みを伸ばす考え方の方が大事です。
弱み補完よりも強み伸ばしです。




起業市場での考え方

1、自社の商品・サービス・人材等内容を体系化してみる。


商品(サービス内容)・営業力・生産力・財務などについて検討してみるということです。




2、自社の現状把握 自社の現状を検討把握し、自社が戦うための素材はどうなのか検討します。



3、今後の市場の分析・動向はどうなるのか

2~3年程度で、業界の動向等を予測していきます。



4、分析から得た自社の強み・弱みを業界動向と照らしあわせてみる

今後業界の動向に関わる、自社の強み・弱みを明らかにしてみます。



例えば、どのような専門性が足らないのか?

例として、人を雇用するのかなどを考える必要があります。



その後、外部環境と照らしあわせて、さらなるサービスの細分化・お客様の絞り込み、週中化などを検討します。



難しく考える必要はありません。

自社の強みと弱みを、お客様の属性等に落とし込んで、分析してみましょう。