事業計画の最初は、長期、中期、短期の順番に考える

事業計画は、長期計画、中期計画、短期計画で構成されます。
長期計画は5年程度
中期計画は3年程度
短期計画は1年程度
を目安に作成すると問題ないと思います。
ちなみに、作成の順番も長期→中期→短期の順番で行っていきます。
まずは、遠くから手前にビジョンを考えてみましょう。
事業計画書は、起業後ではなく、必ず起業前に作成するようにしましょう。
また、起業してから5年先の将来などは、正直わかるはずもありません。
そのため、長期計画は「起業理念や何を事業としていくか」くらいを示すだけにしておいてもいいかも知れません。
ブレない考え方と、将来何をやるかの考えです。
大事なことは必ず起業前に計画を考えること。
それが、お客様や従業員とのコミュニケーションになるからです。