21問目 建築基準法の建築物を建てる時の規制


ポイント~建築物を建てる時の規制を理解しましょう。

 


宅建過去問
 平成1921問 建築基準法

 


建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 建築主は、
共同住宅の用途に供する建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が
180であるものの大規模の修繕をしようとする場合、
当該工事に着手する前に、当該計画について建築主事の確認を受けなければならない。

 

建築基準法は、
建築物の安全・衛生を図ることと快適な街づくりを目指すことを目的としますので、一定の要件に該当する建築物の建築等について、
建築基準法関係の法令に違反していないことを建築主事に確認してもらう必要があります。これを、「建築確認」といいます。

 

その用途に供する部分の床面積の合計が100m2を超える特殊建築物を、
建築又は大規模修繕又は大規模模様替をしようとする場合。
都市計画区域又は準都市計画区域の内外、建築物の構造を問わず建築確認が必要です。

 

特殊建築物とは、
何かあった場合に多数の人命や、身体にかかわるおそれのある建築物です。例えば、マンション(共同住宅)や学校、展示場、百貨店、
旅館、ホテル、
バー
コンビニ、
車庫などです。
事務所ビルや戸建ては含まれません。よって○

 

参考過去問

木造1階建て、
床面積 150m2のバーの改築は、建築基準法の確認を要しない。(3-21-2)
 ×

 

2 居室を有する建築物の建築に際し、
飛散又は発散のおそれがある石綿を添加した建築材料を使用するときは、
その居室内における衛生上の支障がないようにするため、
当該建築物の換気設備を政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。

 

居室を有する建築物で、
人が継続的に使用するものは、
その居室内において、政令で定める石綿や化学物質(ホルムアルデヒドなど)の発散による衛生上の支障がないように、
建築材料及び換気設備について、政令で定める技術的基準に適合するものとしなければなりません。

 

石綿その他の著しく衛生上有害なものとして政令上定めたものは、
そもそも建築材料に使ってはいけません。
いわゆるシックハウスやアスベスト対策です。
よって ×

 

参考過去問

居室を有する建築物は、
住宅等の特定の用途に供する場合に限って、
その居室内においてホルムアルデヒド及びクロルピリホスの発散による衛生上の支障が
ないよう、
建築材料及び換気設備について一定の技術的基準に適合するものとしなければならない。(16-21-4) ×

 

3 防火地域又は準防火地域において、
延べ面積が
1,0002を超える建築物は、
すべて耐火建築物としなければならない。

 

防火地域では、
地階を含む階数が3以上、又は延べ面積が1.000m2以上。

準防火地域では、
延べ面積1.500m2を超えているか又は4階建以上のどちらかに当てはまる建築物は、
耐火建築物にする必要があります。
よって ×

 


参考過去問

準防火地域内においては、
延べ面積が1.200m2の建築物は耐火建築物としなければならない。
16-21-1) ×

 

4 防火地域又は準防火地域において、
延べ面積が
1.0002を超える耐火建築物は、

 防火上有効な構造の防火壁で有効に区画し、 かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ
1,0002以内としなければならない。

 


防火壁

延べ面積1.000m2超の建築物は、
防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ各区画の床面積の合計をそれぞれ1.000m2以内としなければなりません。

 

火災が急速に建築物全体に及ばないようにとの配慮から、
設けられた規定です。ただし、規制の趣旨からして、
耐火建築物や準耐火建築物等は防火性能が高いので除外されます。
よって ×

 

参考過去問

延べ面積が2.000m2の準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、
各区画の床面積の合計をそれぞれ500m2以内としなければならない。
(12-22-4) ×

 


よって、全て過去問の焼き直しのため、正解してほしい問題です。