11問目 瑕疵担保責任の責任はどこまで

ポイント~瑕疵担保責任 売主は、
キズ物に対してどこまで責任を負う?

 

売った物がキズ物である。(瑕疵担保責任)

法律上の用語では、キズのことを瑕疵(カシ)
があったと言います。例えば家を買ったら土台をシロアリさんに食べられている場合です。また、
近い将来そこに道路が通ってしまう場合など、物理的に使用不能になる場合も含みます。

 

その時にどうするかというお話しです。何?
彼氏に何とかしてもらう?いいですね。仲良くて。うちの家は悪いみたいじゃない。話しを戻しましょう。

 

請求できるもの

 

善意・無過失の買主は、契約解除と損害賠償を請求できます。

悪意の買主は、何も請求できません。

 

これを、売主の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)と言います。

瑕疵担保責任は隠れた瑕疵であることが必要です。

 

平成19年度11問目 瑕疵担保責任

宅地建物取引業者でも事業者でもないAB間の不動産売買契約における売主Aの責任に関する次の記述のうち、
民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

 

1 売買契約に、
隠れた瑕疵についてのAの瑕疵担保責任を全部免責する旨の特約が規定されていても、
Aが知りながらBに告げなかった瑕疵については、Aは瑕疵担保責任を負わなければならない。

 

民法上特約をすることは自由です。したがって、例えば「売主は瑕疵に付き責任を負わない。」
という特約は有効です。
その分売買代金など安くしているはずですから。

 

ただし、
売主がシロアリに食われているのを知っていて告げなかった場合などは、売主は特約があっても責任を負います。
その場合には買主は知らない形で(つまり金額なども通常のまま)契約しているからですね。○

 

 Bが不動産に隠れた瑕疵があることを発見しても、
当該瑕疵が売買契約をした目的を達成することができないとまではいえないような瑕疵である場合には、
Aは瑕疵担保責任を負わない。

 


軽微なキズ
の場合は解除できません。
修理で直る場合などですね。契約の目的を達成できない場合(家がシロアリで傾いてしまっているなど)くらいのキズでないと、解除できません。
その場合、損害賠償のみになります。×

 

参考過去問


Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった、Aが、
この欠陥の存在を知らないまま契約を締結した場合、Bの担保責任を追及して契約の解除を行うことができるのは、
欠陥が存在するために契約を行った目的を達成することができない場合に限られる。(15-10-2)○

 

3 Bが不動産に瑕疵があることを契約時に知っていた場合や、
Bの過失により不動産に瑕疵があることに気付かず引渡しを受けてから瑕疵があることを知った場合には、
Aは瑕疵担保責任を負わない。 

 

だって、知っているんですもの。
→悪意ということで、何も請求できません。

 


参考過去問


Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった。Aが、
この欠陥の存在を知って契約を締結した場合、AはBの担保責任を追及して契約を解除することはできないが、
この場合の建物の欠陥は重大な瑕疵なのでBに対して担保責任に基づき損害賠償請求を行うことができる。(15-10-1)×

 

4 売買契約に、
瑕疵担保責任を追及できる期間について特約を設けていない場合、Bが瑕疵担保責任を追及するときは、
隠れた瑕疵があることを知ってから1年以内に行わなければならない。

 

この瑕疵担保の請求期間は、
瑕疵があることを知ったときから1年です。いつまでも置いておくと、売る前からの瑕疵なのか、
売った後の瑕疵なのか分からなくなるからです。○

 

参考過去問

Aが、Bに建物を売却し、
代金受領と引換えに建物を引き渡した後に、Bがこの建物に隠れた瑕疵(かし)があることを発見したが、売主の瑕疵(かし)担保責任についての特約はない。
この場合、Bが、Aに対し、この瑕疵(かし)に基づき行使できる権利は、
Bが瑕疵(かし)を知った時から1年以内に行使しなければならない。(14-9-3)