2問目 代理人を選任するための要件と概要

代理人の選任~聞きたいポイントは代理人を選任するための要件と、
代理人を選任したときの責任関係
を理解してねということ

 

平成19年 2問目

Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、
売却に関する代理権をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

 

1 Bは、
やむを得ない事由があるときは、Aの許諾を得なくとも、復代理人を選任することができる。

 

任意代理人は復代理人を選任できる自由はありません。例外として、本人の許諾を得るか、又はやむを得ない事情がある場合のみ、復代理人を選任できます。


任意代理というのは、元々の信頼関係で成り立っています。自由に選任を許すと、その信頼関係が崩れる可能性があるからです。
  ○

 


過去問


委任による代理人は、
本人の承諾を得たとき又はやむをえない理由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。
(56-3-3)  ○

 

2 Bが、
Bの友人Cを復代理人として選任することにつき、Aの許諾を得たときは、Bはその選任に関し過失があったとしても、
Aに対し責任を負わない。

 

3 Bが、
Aの許諾及び指名に基づき、Dを復代理人として選任したときは、Bは、
Dの不誠実さを見抜けなかったことに過失があった場合、Aに対し責任を負う。

 

2番は、
任意代理人は全責任を負うことはありません。復代理人の選任及び監督についてのみ責任を負います。自由に選任できないわけですから、
当然責任も軽くしています。過失があったのだから責任は負うというのが、素直な考え方です。 

 


3番 本人の指名に従って復代理人を選任した場合は、
本人の指示があったわけですから、代理人の責任はもっと軽くなります。この場合は、
その復代理人が不適任または不誠実であることを知りながら、本人に通知することを怠ったり、
解任することを怠ったりした
ことについての責任だけ負えばよいのです。だって、本人が指名したのですから・・。
代理人の責任はほとんどないですよね。

 


×、×

 

4 Bが復代理人Eを適法に選任したときは、
EはAに対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負うため、Bの代理権は消滅する。

 

復代理人の権限の範囲はどこまででしょうか。
復代理人の権限の範
囲は代理人の権限の範囲です。復代理人のの字はあくまでも、反復されるということです。復代理人の権限は代理人の権限内です。また、
復代理人を選任しても代理人は権限を失いません。その方が本人にとって都合が良いからです。

 

×

 

過去問


代理人は、復代理人を選任しても自らの代理権を失わない。(59-4-3)   ○

 


というわけで、今回の問題は「代理人を選任することによる本人の利便性と責任の調整」
問題でした。どう責任を負わせるかのバランスを考えてね。