2問目 代理人を選任するための要件と概要

代理人の選任~聞きたいポイントは代理人を選任するための要件と、
代理人を選任したときの責任関係
を理解してねということ

 

平成19年 2問目

Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、
売却に関する代理権をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

 

1 Bは、
やむを得ない事由があるときは、Aの許諾を得なくとも、復代理人を選任することができる。

 

任意代理人は復代理人を選任できる自由はありません。例外として、本人の許諾を得るか、又はやむを得ない事情がある場合のみ、復代理人を選任できます。


任意代理というのは、元々の信頼関係で成り立っています。自由に選任を許すと、その信頼関係が崩れる可能性があるからです。
  ○

 


過去問


委任による代理人は、
本人の承諾を得たとき又はやむをえない理由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。
(56-3-3)  ○

 

2 Bが、
Bの友人Cを復代理人として選任することにつき、Aの許諾を得たときは、Bはその選任に関し過失があったとしても、
Aに対し責任を負わない。

 

3 Bが、
Aの許諾及び指名に基づき、Dを復代理人として選任したときは、Bは、
Dの不誠実さを見抜けなかったことに過失があった場合、Aに対し責任を負う。

 

2番は、
任意代理人は全責任を負うことはありません。復代理人の選任及び監督についてのみ責任を負います。自由に選任できないわけですから、
当然責任も軽くしています。過失があったのだから責任は負うというのが、素直な考え方です。 

 


3番 本人の指名に従って復代理人を選任した場合は、
本人の指示があったわけですから、代理人の責任はもっと軽くなります。この場合は、
その復代理人が不適任または不誠実であることを知りながら、本人に通知することを怠ったり、
解任することを怠ったりした
ことについての責任だけ負えばよいのです。だって、本人が指名したのですから・・。
代理人の責任はほとんどないですよね。

 


×、×

 

4 Bが復代理人Eを適法に選任したときは、
EはAに対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負うため、Bの代理権は消滅する。

 

復代理人の権限の範囲はどこまででしょうか。
復代理人の権限の範
囲は代理人の権限の範囲です。復代理人のの字はあくまでも、反復されるということです。復代理人の権限は代理人の権限内です。また、
復代理人を選任しても代理人は権限を失いません。その方が本人にとって都合が良いからです。

 

×

 

過去問


代理人は、復代理人を選任しても自らの代理権を失わない。(59-4-3)   ○

 


というわけで、今回の問題は「代理人を選任することによる本人の利便性と責任の調整」
問題でした。どう責任を負わせるかのバランスを考えてね。

1問目 意思表示関係

平成19年 宅建問題の解説です。ポイントをつかみましょうね。ポイント!

 

第1問 民法 意思表示

A所有の甲土地についてのAB間の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aは甲土地を「1,000万円で売却する」という意思表示を行ったが当該意思表示はAの真意ではなく、
Bもその旨を知っていた。 この場合、Bが「1,000万円で購入する」という意思表示をすれば、
AB間の売買契約は有効に成立する。

だって知っていたのですから・・保護されません。 ×

 

同趣旨の過去問

Aが、
A所有の土地をBに売却する契約を締結した。Aが、自分の真意ではないと認識しながらBに対する売却の意思表示を行った場合で、
BがそのAの真意を知っていたとき、Aは、売却の意思表示の無効を主張できる。(10-7-3) ○

 

2 AB間の売買契約が、AとBとで意を通じた仮装のものであったとしても、
Aの売買契約の動機が債権者からの差押えを逃れるというものであることをBが知っていた場合には、
AB間の売買契約は有効に成立する。

 

これ、差し押さえとか書いているけど、Bを保護する必要はないですよね。 ×

 

過去問

A所有の土地につき、
AとBとの間で売買契約を締結し、Bが当該土地につき第三者との間で売買契約を締結していない場合に関して、Aが、
強制執行を逃れるために、実際には売り渡す意思はないのにBと通謀して売買契約の締結をしたかのように装った場合、
売買契約は無効である。(16-1-2)  

 

 

3 Aが第三者Cの強迫によりBとの間で売買契約を締結した場合、Bがその強迫の事実を知っていたか否かにかかわらず、
AはAB間の売買契約に関する意思表示を取り消すことができる。

 

Aさんは脅迫されていたのです。つまり、Bさんが善意(脅迫を知らなかったとしても)でも、Aさんを保護しないと可愛そうですよね?
だからAさんは取り消せます。 ○

 

過去問


A所有の土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、Bが当該土地につき第三者との間で売買契約を締結していない場合に関して、Aが、
Cの強迫によってBとの間で売買契約を締結した場合、Cの強迫をBが知らなければ、Aは売買契約を取り消すことができない。
16-1-4) ×

 

4 AB間の売買契約が、Aが泥酔して意思無能力である間になされたものである場合、Aは、
酔いから覚めて売買契約を追認するまではいつでも売買契約を取り消すことができ、追認を拒絶すれば、その時点から売買契約は無効となる。

 

意思「無」能力者がした契約は最初から「無効!」だから、取消しもなにもないのです。調子に乗って、飲み屋に行き、
飲み屋のおねえさんに「家買ったげるよ。よっしゃ。よっしゃ」→酔っ払っていて無効とかは言わない方がいいですよ。恨まれても知らんからね。笑  ×

 

過去問

自己所有の土地を売却するAの売買契約の相手方に関して、
買主Cが意思無能力者であった場合、Cは、Aとの間で締結した売買契約を取り消せば、当該契約を無効にできる。
17-1-2) ×

 

 

というわけで、全てここ2、3年の間の過去問の焼き直しでした。

 

ポイントは一点 「誰を保護するとバランスが取れるか?」ここですね。

 

今年の宅建試験の合格は35点

今年の本試験お疲れ様でした。本日合格発表でしたね。今年の試験も本当の意味で終わりです。
合格点は35点でした。詳しくは(不動産取引推進機構
色々な予備校などでは、34点~35点という意見が多かったようですが、終わってみれば、やはり7割の35点でした。そう、何度も書きますが、宅建は基本的に35点で合格。そして8割は「過去問の論点」からの出題です。何故って?30年の歴史がある試験で、重要な所において、そんなに目新しい過去に聞かれてない所などはない!ため・・・です。
合格された方 本当におめでとうございます!!今夜はあびるほど飲みましょう。
惜しくも不合格だった方 余計なお世話ですが、本当に必要な資格であれば、来年もう一度頑張りましょう。
来年受ける方 一発合格しましょう。何年も時間をかけるのは時間の無駄です。
今年の本試験の解説を、また初めていきますのでよろしくお願い致します。