宅建試験過去問 平成18年度 第50問目3肢 宅地に適していないところ~扇状地 そして今年度の本試験へ


宅地に適していないところ~扇状地

 

谷の出口、
軟弱地盤の所などや、
土石流の起きやすい所です。
要するに、急勾配の渓流で砂礫が堆積している所や、谷の出口に広がる扇状地、豪雨に伴う斜面崩壊の危険がある所などです。
砂や小石は雨が降ると少しずつ移動するので、そこの地盤は踏み固められたものではなく、どうしても不安定になるからです。

 


谷の出口に広がる扇状に広がった土地(扇状地)は、川が運んできた土砂や小石が堆積してできています。雨が降るたびに、
土砂や小石が運ばれてくる所ですから、もし台風などで大雨が降ったら、土砂や小石が水と共に急に運ばれてきます。

 

つまり、
土石流が起きやすいのです。
扇状地自体は微高地であることが多く、宅地には適していることが多いのですが、谷の出口は、土石流災害が起こりやすいと覚えておいて下さい。

 

過去問

谷出口に広がる扇状地は、
土砂・礫が堆積してできたものであるため、地盤は堅固でないが、士石流災害に対しては安全であることが多い。(12-49-3)

 


扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である。(18-50-3)

 


×、○

 

 


さて、これで、昨年の過去問の全ての肢の解説を終えました。どうだったでしょうか?
何となく、問題の趣旨というか、「聞きたいことというのは、
毎年一緒
なんだな!」という、ニュアンスがわかっていただけましたか?

 


それは、そうです。だって、宅建試験というのは、
不動産取引を問題なく行うために必要な知識達なのですから、そんなに奇抜な問題は出るわけがありません(いわゆる、
点数調整的な捨て問はありますが)。

 


小手先の改正点や、細かい枝葉末節ではなく、堂々と過去問で問われている範囲の反復学習で、
合格点は取れるはずです。

 


後2週間。過去問を繰り返し反復して下さい。問題を解くという感覚を身につけるために、
そして合格した際には、メールのご一報でも頂ければ大変嬉しく思います。

 


皆さんの合格を祈って。
 2007年10月10日 箕輪和秀