宅建試験過去問 平成18年度 第50問目1肢 土地とがけ

2. がけ崩れのおそれがない所

がけ崩れのおそれがない所は宅地に適しています。
これは、当たり前ですよね。安全だからです。

 

逆にいうと、
がけ崩れのおそれがある所は危険なので、宅地には適していません。がけ崩れのおそれがあり宅地に適していないのは、
次のような土地です。

 

○山地→傾斜が急で、
表土の下に岩盤又はその風化上が現れる地盤。

当然、
がけ崩れがおきやすくなります。

 

山地とは、
傾斜が急で、表土の下に岩盤又はその風化上が現れる地盤である(18-50-1)