宅建試験過去問 平成18年度 第47問目4肢 景品表示法 不動産の形質

不動産の形質

 


1. 新築という文言は、建築後1年未満であって居住の用に供されたことがないものであるという意味で用いること。


 


2. 新発売という文言は、新たに造成された宅地または新築の住宅
(造成工事または建築工事完了前の物を含む)について、一般消費者に対し、初めて購入の申込みの勧誘を行うこと
(一団の宅地たは建物を数期に区分して販売する場合は、期ごとの勧誘)、
その申込みを受けるに際して一定の期間を設ける場合においては、その期間内における勧誘、という意味で用いること。


 


3. 分譲マンションを販売するに当たり、当該マンションが、
何らかの事情により数年間工事が中断された経緯があった場合は、着工時期及び中断していた期間を明示する必要があります。長い間、工事を中断していると、
風雨などで躯体(建物の本体)が痛む場合もあるからです。


 

Aは、
建物の売買の媒介を依頼されたところ、当該建物は工事完成後10ヵ月が経過しているものの未使用であったので、
当該物件を新築物件として販売広告してもよい。(13-47-1)

 

分譲マンションを販売するに当たり、
当該マンションが、何らかの事情により数年間工事が中断された経緯があったとしても、住居として未使用の状態で販売する場合は、
着工時期及び中断していた期間を明示することなく、新築分譲マンションとして広告することができる。
18-47-4)

 

○、×