相手の生死が3年以上明らかでないとき

例えば、旦那さんがいなくなってしまい、どこに行ったのやらわからない。
しかし、残った奥さんにも生活があります。恋もしたいし、再婚も考えなければなりません。そのため、相手の生死が分からなくても、目安として3年経った場合、離婚が認められます。