審判離婚

調停離婚を行っても離婚が成立しない場合に、裁判所が「調停にかわる審判」で離婚を成立させるものです。
審判離婚は裁判所が職権で行いますので、夫婦のどちらかが審判離婚の申し立てを行うものではありません。しかし、現実的にはきわめて少なく、この調停が不調の場合は、通常裁判離婚に移行します。