婚姻を継続しがたい重大な理由があるとき

これは、曖昧な意味になります。
例えば、ドメスティックバイオレンスや、長期に渡る別居状態などです。実質的に婚姻関係が破綻している場合などが対象になります。
裁判離婚になった場合、他の理由には明確に当てはまらないのですが、裁判官が婚姻生活を続けるのは厳しいな・・・。と思ったときは、この理由が当てはまります。