裁判上の離婚理由とは?

離婚する理由・・・。はっきり言えば、何らかの理由で一緒にいるのがイヤになった。これしかありません。
離婚は離婚届けという紙を一枚出せばそれで終わりです。しかし、簡単にお互いが合意できればいいのですが、お互いが合意にならない場合は、協議離婚→裁判離婚になります。
裁判離婚の場合、単純にイヤでは、離婚理由にはならないため、裁判で一般的に認められている理由が色々とあります。代表的なものをいくつか掲載します。
1、浮気の場合
2、金銭上・生活費のトラブル
3、相手の生死が3年以上明らかでないとき
4、相手が回復の見込みのない強度の精神病にかかったとき
5、婚姻継続しがたい重大な理由があるとき