熟年離婚と通常の離婚

通常の離婚というと、難しく聞こえますが、要はお若いうちの離婚と、熟年(60歳前後)からの離婚です。
このときに、一番考えなければいけないのが、若い頃は「子供さんの養育関係」であるということ。まだまだ若いし無理もできますので、自分の生活はともかく子供さんの生活を第一に考えた取り決めになります。
熟年離婚になると、ほとんどの子供さんは18歳以上か成人していると思われます。いえ、逆にひと段落ついたからこそ、離婚を考えられるのでしょう。
その場合は、自分の老後の暮らし・・生活費が第一に考えることになります。
このように、世代により、考えることやテーマが違ってくると思いますが、このサイトでは、第2の人生をテーマにしております。